注目するのは慰謝料の金額ではない

ワイドショーを賑わす著名人の離婚騒動。一般人とはかけ離れた金額の慰謝料が報道されます。

離婚問題に直面している方は、こういったニュースを見てどのように感じているのでしょうか?

私には無縁のこと・・・。

確かに離婚時に多額の慰謝料を受け取るケースは、日本では稀です。

テレビで報道される慰謝料は、実際には慰謝料単体の金額ではなくその金額には財産分与も含まれていて、報道的に「財産分与数億円」よりも「慰謝料数億円」としたほうがインパクトがあるたま、こういった報道になっているのでしょう。

こういった慰謝料のニュースは金額にばかり目が向いてしまいますが、むしろ注目すべき点は金額ではないのです。

では何に注目するのか?

それはニュースに出てくる、代理人=弁護士に注目して欲しいのです。著名人の離婚のニュースの場合、この弁護士が登場するはずです。

つまり著名人などの慰謝料や財産分与に関わる問題には弁護士が関わることがほとんどなのです。

※借金、住宅ローン、カードなどで専門家による無料相談をお考えの方は「借金相談」へお進み下さい。




慰謝料の請求は弁護士に依頼

では一般の方の場合はどうでしょうか?

慰謝料を貰えない、慰謝料の請求さえしていないケースもあります。

そしてこういった状況に陥ってしまうのは、慰謝料は法律的な知識を必要とするのに、弁護士に相談や依頼する方が少ないからではないでしょう?

ではどうして弁護士に依頼しないのでしょうか?

それは弁護士費用が高いといったイメージがあるためかもしれません。

しかし実際は、初回の相談を無料で行なっている弁護士事務所もたくさんありますし、弁護士に依頼する場合の費用に心配がある方には、法テラスの法的扶助を紹介してくれる法律事務所もあります。

つまりあなたの条件(費用・場所・性別など)にマッチする弁護士事務所を選択すれば、実際の費用的なハードルはあなたが想像しているよりもずっと低いのです。

離婚原因が相手にある場合、慰謝料を請求できるケースがほとんどです。だからこそ、慰謝料を請求したい方はやはり弁護士に依頼することが最善の方法になります。

下記のサイトではあなたに適した離婚問題を得意とする弁護士を無料で紹介して頂けます。また無料で弁護士費用の見積もりをすることもできます。

「もしかしたら慰謝料を請求できる?」「相手の行為を絶対許せない!」といった気持ちがあれば、まずは弁護士に相談することから始めてみてください。




離婚時の慰謝料とは?

そもそも離婚時に請求する慰謝料とはどういったものなのでしょうか?

この慰謝料とは離婚の原因を作った側が支払う賠償金なのです。具体的には不貞行為(浮気・不倫)、DV、モラハラなどが該当します。

つまり慰謝料を請求する側からすると、上記のような精神的・肉体的苦痛を受けたことへの賠償金なのです。

しかし簡単にいかないのが、この慰謝料の請求なのです。

離婚原因を作った側が、非を認め慰謝料の支払いに同意すれば、あとは金額・支払い方法など決定すればいいのですが、相手が素直に非を認めてすんなり行くケースばかりではないのです。

極端な例かもしれませんが、「私が浮気をしたのは、あなたの非協力的な結婚生活が原因だ」と自分の非を認めず、話し合いにならないことがあるのです。

こういった話し合いにならない場合は、弁護士に相談して代わりに交渉してもらうか、家庭裁判所に調停・審判を申し立てることになります。

慰謝料がもらえないケース

慰謝料がもらえない典型的な例が「性格の不一致による」離婚です。そもそも「性格の不一致」という理由だけでは、離婚原因に該当しないため当たり前の考えかもしれません。

ここで気をつけるべきポイントがあります。「通常、相手の不貞行為があれば慰謝料の請求はできる」と説明しましたが、すでに家庭内別居または別居していて、夫婦間関係がすでに破綻している状態で相手が不貞行為を行なった場合、慰謝料は請求できるのでしょうか?

「まだ離婚前なのだから慰謝料の請求はできる」とはならず、すで結婚生活が破綻してるのが明確であれば、慰謝料の請求はできないのです。

状況にもよりますが、相手が気楽に過ごせるような環境、更には別居中の不貞行為が慰謝料の対象にならない可能性があるのであれば、何のための別居かわかりません。

別居するのであれば、じっくりと話し合いをおなうことは大前提で、それ相応の覚悟をもつ必要があるのかもしれません。




慰謝料はいくらもらえる?

では慰謝料を貰える基準をクリアーした場合、実際には慰謝料はいくらもらえるのでしょうか?まず慰謝料の算定基準となるものを説明していきます。

「離婚原因を分析」
→離婚の原因がどういった行為(不貞行為・DVなど)でどういった被害を受けたのかを調査します。

「請求者の経済状況」
→職業・収入・財産・年齢・再婚の可能性などが対象となります。

「請求された側の経済状況」
→職業・収入・財産などが対象となります。

「双方に関する情報」
→婚姻期間・子どもの年齢と人数・生活状況などが対象となります。

これらを総合的に判断して慰謝料の額を算出します。

実際の慰謝料の相場は?

慰謝料の相場に、これが正解というデータはないようです。

一般的に言われてることとして、慰謝料は100万円~300万円の範囲で払われていることが多いようです。0円というケースも1/3程度もあるので、平均値を出すのは難しいのです。

「私の場合はいくら貰える?」と聞かれた場合、上記で説明しました慰謝料の算定基準を用いても、個々の状況が違うので、それぞれのケースで算出しなくてはなりません。

ただ言えるのは、慰謝料がもらえることになっても、しっかりと受ける取ることができなければ、何の意味ないのです。

金額はもちろん気になることですが、払えないような無理な金額を設定してしまったことで相対的に受け取る金額減ってしまったということがないように留意しましょう。

また支払い方法は、分割を避けて一括払いが理想です。

また取り決めについても、強制執行認諾約款付公正証書にしておくことが重要です。

女性弁護士、ベテランの弁護士に相談したい・・・平日の昼間は仕事だから、土・日または夜19時以降に相談したい・・・

全国3000人以上の専門家の中から、あなたの相談内容にマッチする相談先を無料でご紹介。

離婚の慰謝料の相談は?

  • 離婚の慰謝料の相場と算定する計算方法

    離婚後の慰謝料の金額は、夫婦の話し合いで決定することができます。 そしてお互いが納得すればその金額も自由に決めることができます。 しかし自由に金額を決定できるとしても、何の基準や参考数値もなく金額を決定することが難しいでしょう。 そこでこのページでは慰謝料の相場と慰…

  • 子どもがいる?いない?で慰謝料は変わる。

    離婚における慰謝料は、それぞれ夫婦の状況に応じて、個人的な話し合いや協議、裁判を通し決められる為、その金額は夫婦毎に異なっており、また法的に定められている明確な基準も存在しません。 では子どもがいる場合の慰謝料はどうでしょうか? 下記で説明しますが、子どものいるケースといない…

  • 慰謝料には税金はかかるのか

    離婚時に慰謝料を受け取った場合、所得税や贈与税といった税金はかかりません。 慰謝料は精神的損害に対する補填で、一方税金は利益に対し課されるものです。 つまり補填とは「不足・欠損部分を補って埋めること」ですので、利益とは見なされないのです。 したがって慰謝料は課税対象外と…

  • 慰謝料を分割で受け取るときの注意点

    離婚の慰謝料は一括で受取ることがベストです。なぜなら慰謝料の分割払いには多くのリスクがあるからです。 とはいっても一括で払えるケースの方が少ないのも現実です。 では分割払いの時にはどのような点に注意して、支払いの取り決めをしていくべきかみていきましょう。 慰謝料の分割払…

  • 離婚時に弁護士に依頼するメリットとデメリット

    離婚時、弁護士に依頼した方が良いケースがあります。 それは慰謝料を請求する場合です。 なぜなら慰謝料の場合、 弁護士のような専門家でないと請求できる金額を算出するのが非常に難しいケースが多いからです。 判断が難しい・不利益が考えられる場合 またある程度の財産…

  • 知っておいたほうが良い?「離婚するとき」と「慰謝料」の関係

    離婚する人数は平成14年の29万組をピークに、ここ数年は減少傾向にあります。とは言え、婚姻件数に対する離婚件数の割合は高い数値のまま推移してます。 離婚率の話になるとよくアメリカが例に出されますが、アメリカの離婚率は2組に1組つまり離婚率50%と聞いたことがある方も多いしょう。…

  • 慰謝料がもらえないケース

    離婚の際、慰謝料をもらえるかどうかの基準はどこにあるのでしょうか? そもそも慰謝料とは、精神的損害に対する損害賠償です。相手にはっきりとした非があり、それによって精神的苦痛を受け、その苦痛が原因で離婚に至った場合、その苦痛への賠償として支払われるのが慰謝料なのです。 慰謝…

  • 離婚原因になった相手への慰謝料請求

    夫婦のどちらかが、浮気・不倫などの不貞行為(性的関係持つこと)をした場合、不貞行為をされた方は、不貞行為を行なった方に対し慰謝料を請求することができます。 またこれと同様に配偶者と不貞行為に及んだ相手に対しても、慰謝料を請求することができます。 不貞行為の相手に対…

  • 慰謝料を請求できる期間と時効について

    離婚における慰謝料を請求できる期間は3年間とされています。 そしてこの慰謝料が請求できる期間には時効が適用されますので、注意が必要です。 そしてポイントとなるのが慰謝料は何時から何時まで請求できるのかとうい点です。 そもそも慰謝料ってどんなもの? まずは離婚に伴う…

ページ上部へ戻る