記事の詳細

離婚は結婚よりも労力や費用がかかり、離婚したばかりの時はもう二度と結婚も離婚も嫌やという方がほとんどでしょう。

しかし時の経過とともに再婚について考えたり、中には離婚した相手ともう一度復縁という方もいます。

では離婚後に離婚した相手と同居や復縁は可能なのかについて説明していきましょう。

※専門家による無料相談をお考えの方は「離婚相談」へお進み下さい。

離婚後の同居は可能?

基本的に離婚後に同居は可能です。

ただしDVや子供への虐待などで裁判所に二度と奥さんや子供に近づかないといった取り決めがある場合は例外です。

なぜなら再び同居することで、DVや虐待の被害が再発する恐れが高いからです。

逆に言えば、これら以外の離婚原因であれば本人同士の同意があれば同居は可能なのです。

離婚したのに「おかしい!」と思うかもしれませんが、意外と離婚後に同居している元夫婦はいるのです。

離婚後に同居することによるメリットとデメリット

結婚生活を一緒に送れないので離婚をしたはずなのに、離婚後に同居して「メリットなんてあるの?」と思うかもしれませんが、実は意外とメリットがあるのです。

もちろんデメリットもありますので、そんな離婚後のメリットとデメリットについて説明していきましょう。

同居のメリット

離婚後に同居するメリットは「子供の生活面生活費」などが挙げられます。

離婚してしまうと子供がどちらか一方の親を選択肢なくてはいけませんが、離婚後も同居することによって子供の生活面では精神的な負担がかかりません。

またシングルマザーとなり子育てをしながら働かなくてはならない環境では、生活面でかなり苦しい思いをしますが、離婚後も同居することで家を出て自分で生活するよりも住居費、光熱費など、負担がかかりません。

むしろ今までと同様の生活がおくれます。

同居のデメリット

離婚後に同居するデメリットは「国や自治体からの支援が受けられない」ことがあげられます。

これは大きなデメリットでしょう。

ひとり親世帯として判断されないため、国や自治体からの支援金を受けることができません。学校の授業料など全額負担しなくてはいけません。

このように離婚後の同居にはメリットもデメリットもあります。

通常であれば離婚後も同居することはあまり考えられませんが、こういった夫婦の場合、離婚して状況が改善したら再婚というケースが多いようです。

ただしメリットと言っても離婚前の状況と大差ない状況ですから、離婚をする前によくお互いで話し合うことが大切です。

離婚後に復縁はできる?

今や3組に1組が離婚する世の中です。さらに4組に1組は再婚という統計結果がでています。

さらに再婚カップルの中には復縁した方もいます。離婚したのにどうしてまた再婚するのでしょうか。

実は離婚後に復縁を希望する方は少なくないのです。理由としては離婚後に訪れる生活の変化がかなり精神的にきついからです。

女性が経済面で苦労するのは想像できますが、男性は掃除に洗濯、一人のご飯など、生活面、精神面でかなりつらい状況になります。

さらに一度はお互いを愛しあった中ですから、うまくいっていたときのことを思い出せば、後悔してもう一度やり直したいと思うのは自然なことかもしれません。

特に一方的に性格の不一致という理由で離婚を切りだされた方は、納得しないまま離婚していますので、復縁への思いは強いでしょう。

では離婚後に復縁は可能なのでしょうか?結論からいうと「可能」です。

現行の法律では、女性は半年経過すれば法律的に再婚可能です。ただし、以下のようなケースでは再婚はかなり厳しいでしょう。

  1. DVや虐待などが原因の離婚
  2. 金銭面でのトラブルがある
  3. すでに相手に新しい恋人がいる

さらに復縁は、周囲の目もあるため再婚に踏み切るのはかなり勇気のいる行為です。

よく考えて復縁するのか、そのままなのかを検討しなくてはいけません。

復縁までの期間はどれくらい必要?

最低でも半年から1年はかかります。ただしこれは早くてもということです。

通常であれば、やはり子供のことや周囲の目を考えると5年から6年くらいの期間を置いてから再婚しているようです。

子供がいる場合は、養育費面会交流など子どものに関することで連絡を取り合う必要があるため、長期間にわたって連絡を取り合うことになります。

そのためお互いを見つめなおす機会も増えて、復縁するきっかけも増えます。

ただしすぐに復縁するとまた同じことの繰り返しになりますから、

復縁を考えているならしっかりと期間をおいて本当に復縁することが子どもを含めて当事者全員にとって幸せなことか冷静に考えることが大切です。

離婚後に後悔しないために

離婚後の同居においても、離婚後の復縁にもおいても、そもそも離婚しなければおきない問題です。そしてどちらのケースでも、やはり周囲の目があります。

さらに離婚することで子供にも大きな影響を与えます。

まずは離婚前に本当に離婚すべきなのかを確認し合い、離婚後の生活について二人でしっかりと話し合いましょう。

話し合いで解決している夫婦もたくさんいます。

今ではなく離婚後にどうなるかをしっかりと考えて、今後どうするのか決めることが重要です。

関連記事

ページ上部へ戻る